MENU

ブログ

2021.12.01

大きく育ってますヾ(≧▽≦)ノ

こんにちは、本町おひさま保育園です(●´ω`●) 12月になりましたね。師走ですよ⛄

またまた久しぶりのブログになってしまいました。。💦 本日は幼児クラスで育てているカブトムシの幼虫が   あまりにも大きく成長してくれているのでブログにしました。

BIG!BIGGER!!BIGGEST!!!
幼児さんのこぶし✊より大きいよ!!

こんなに沢山の幼虫さんが大きく育ってくれてます。
担任のいくみ先生を筆頭に子供達も一緒になって土のお掃除をこまめにしてくれたり声をかけてあげたり(^^♪  幼虫さん達も快適な環境なのですくすくまるまるちゃんです(笑)

幼虫を怖がる子もいるけど「かわぃぃ❤」と触れる子もいます。
眠そうな幼虫さんと一緒に「はいチーズ」
生き物を育て、命の大切さを学べるっていいですね。

新しい綺麗な土を入れてあげました。
土を沢山食べて蛹になるのはいつ頃かな~(*´ω`*)
楽しみ♪

幼虫を見ながら、みんなで絵を描いたよ。
色味や形や模様の特徴をとらえてすごく上手に描けたね!!!
EV前に展示するので見てね✨

真正面のカブトムシの顔✨
見ることほとんどないでしょう
凛々しいお顔だわ❤

 

★★★ カブトムシ豆知識 ★★★

◎カブトムシの平均寿命

⇒国産のカブトムシは幼虫時代を含めると、だいたい12カ月から15カ月ぐらい生きています。

 成虫になってからだと1か月から3カ月くらい生きています。

◎孵化(ふか)して天国へ召されるまでの活動

⇒国産のカブトムシは孵化(卵からかえる事)してから約10カ月もの間、幼虫として過ごしております。

この幼虫の期間に少しづつ体が大きくなっていくのです。そしてその後サナギとなり成虫へとなっていきます。

成虫になったばかりの頃はすぐには地上へは出てこず、約1カ月程度の間、

 蛹室(ようしつ;サナギの時に過ごしている部屋)の中で待機しております。

そして地上にでてきてから1~2か月の間(成虫期間)、

 エサを食べたり、戦ったり、メスを求めたりと多くの活動を行っているのです。

人間と比べカブトムシはこの短い期間の中で子孫を残す活動まで行っているわけです。1日の重さが違いますね。

 

 

★★★ 本日のお楽しみ°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖° ★★★

みお画伯作
素晴らしいぃぃぃぃ✨

芸術です✨ (爆笑)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

当園についてもっと詳しく知りたい方へ

お問い合わせ・ご相談はこちらから